自動車保険人気

事故を起こしてしまったら


 事故を越してしまうと気が動転して中々平静を保つのが難しいです。しかしここは深呼吸をして先ずは落ち着いて最低でも下の3つの事をやりましょう。

 

1.ケガをした人の安全確保
 先ずはケガ人救助が最優先です。ケガをした人がいる場合ば救急車を呼びます。この時に後続車が追突など2重の事故にならないように
できれば事故車を端に寄せるなど安全を確保します。
 通報の場合位置情報などはカーナビ、マップアプリなども利用できますが目につくところの例えば電柱に書かれている住所なども有効です。
近くに大きな建物、お店、看板などの情報も有れば伝えましょう。

 

2.警察に連絡をする
 保険請求には必ず「交通事故証明書」(事故証明)が必要となります。
事故の軽微、重大に関わらず必ず警察に通報しておきましょう

 

3.保険会社に連絡する。
 上記の事故処理がひと段落ついたら次は保険会社への連絡です。最近は事故専用のダイヤルが各社案内されているようです。
フリーダイヤルのシールを車内に貼っておけるものもありますし、保険書以外に名刺サイズで必要な情報を携帯できるものもあります。

 

最後に相手からも同様に聞かれますが事故を起こした相手の氏名、住所、連絡先、ナンバーなどは控えておくことが重要です。
これを保険会社に教えて折衝してもらいます。
破損状況度は最近では携帯、スマホのカメラで記録できるので便利ですね。